車両や銭湯のプライオリティーテーブルはない方がいいという意見もある

ぼくは日毎鉄道で通勤していますが、鉄道にはきっちりプライオリティベンチがあります。これはもう当たり前のため、殊に意識していませんでしたが、プライオリティベンチはない方がいいという意見があることを知り、少し考えさせられました。
思い切りプライオリティベンチだけが空いていている様子を目にします。残業で疲れているときにプライオリティベンチしか空いていないと、どうしても座るのに躊躇してしまう。若い人は座ると白い目で見られそうで、敬遠してしまうし、お爺さんサービスされたくないと思うシニアは座ろうとしないでしょうから、実質きっと使われることがないという状態です。
なるほど、それなら何よりプライオリティベンチはない方がいいかも知れないとも思います。プライオリティベンチは、譲り合うことを強制するような直感さえしてきます。
プライオリティベンチなどなくても、自然に他人の気持ちになって譲り合えるというのが理想的なのでしょう。他人に親切にしたいと思っているヒューマンはきっちりいますので、そういった人たちにとってプライオリティベンチは逆に邪魔なものになってしまうかも知れません。借金を減らすための方法としていいやり方を弁護士が教えてくれます

車両や銭湯のプライオリティーテーブルはない方がいいという意見もある