オロナミンCへの執着心

物心ついた中から、オロナミンCを飲んでいる。
先祖や父ちゃんからもらって飲んだ事が入り口でした。

今でも余りに飲みたくなるオロナミンC。
この間、とあるパーソンからこんな古めかしい飲物の何処がいいのかわからないと言われました。

そうなんですか?ボクは隙間なんですよね。
答えましたが…。
ボクにとってオロナミンCは、好きな飲物というだけじゃなくてメモリーの飲物でもあります。

思い出深いお父さんとのメモリーの中に生じるオロナミンCは、欲しい小物で飲むたびに当時の経験が蘇るのです。

自分、普段はあまり炭酸入りの飲料は飲みません。
ペットボトルや缶の量だと飲みきれないうちにおなかがいっぱいになってしまうからです。

その点オロナミンCの量はボクには適量で上手く飲みきれるんですよね。
新しい物には素晴らしいアイテムも沢山ありますが、昔からある物にはそれなりに素晴らしいモノもあるというのです。
だってそうじゃなきゃ消えているでしょう。

今の時代にも愛されているから今もなお販売されているアイテムもほとんど沢山あるはずだと…
それほど思うのです。businessedirectory.com

オロナミンCへの執着心